アーカイブ

‘アート’ カテゴリーのアーカイブ

月明かりだけで撮影した阿蘇火口付近の写真(著作権フリー)を公開

熊本の写真を皆でストックして使えるようにするための企画、「熊本素材写真アーカイブスWEB版」に阿蘇の火口近く砂千里を中心とした写真をアップロードしました。

阿蘇火口登山道

上記のような写真がダウンロード可能ですのでご利用下さい。

http://xn--5rtv65a.com/kumamoto/index.php?/category/22

 

カテゴリー: アート, 写真 タグ:

Pixabayにてサイトの巻頭をかざる写真(ホームページ賞)に選ばれた

無料素材写真配布サイトのPixabayにてサイトの巻頭をかざる写真(ホームページ賞)として「明石市の工業地帯の夕景」が選ばれました。

http://pixabay.com/?pk=1521

 

カテゴリー: アート, 写真 タグ:

HDR写真

HDR(high dynamic range imaging)という加工技術をよく使っているが、元々HDRとは、数枚の明るさの異なる写真から合成して明るさを平均化するやり方だ。この2枚の写真は暗いほうが元写真で明るいのはそれを元にソフト的にHDRをシュミレーションしている。

このために明るい所はやっぱり文字などが飛んでしまっている。階調(画像の変化の情報とでも云うか)のないものはやはり復元はできない。それに対して暗い所はある程度引き上げることが可能だ。

従って、HDR処理をすることを基本で撮影する場合は、明るいところが飛んでしまわないハイライト基準という撮影方法が有効だ。

0025-09-13 02.05.26_369     0025-09-13-02.05

カテゴリー: アート, 写真 タグ:

完全無料で写真が使える熊本素材写真アーカイブスWEB版の利用規定などを更新しました。

熊本県内の写真を集め、商用などにも無料で利用できるサイト「熊本素材写真アーカイブスWEB版」の利用規定などを少し修正しました。また、フラクタルCGで作られた壁紙なども合わせて配布することにしましたのでご利用下さい。

http://浅川.com/kumamoto

不知火永尾神社の夜景

不知火永尾神社の夜景

カテゴリー: アート, フラクタル壁紙, 未分類 タグ:

無料フラクタルCG壁紙配布のお知らせ

フラクタル理論を元に作られたCGを壁紙にして無料配布します。

http://xn--5rtv65a.com/kumamoto/index.php?/category/20

fractal012

上記の様な画像がダウンロードできます。商用利用なども問題ありませんのでお楽しみ下さい。

 

 

 

 

カテゴリー: アート, フラクタル壁紙 タグ:

JPOP=Tweet?

先日、町中で食事をしていて、有線放送らしきものから流れてくるJPOPの音楽を聞いていて思った。

「な、なんて直接的でひねりがない歌詞が多いのだろう?」

正直ちょっと呆れた。

本来、歌の歌詞はその時代を象徴した内容のものが多いが、その中で残っていくものは、普遍性と共に、他とは違う視点を持ちつつ、深層意識に語りかけてくるものであると思う。

その視点の転換が、他にはない共感を呼ぶのであって、それは極個人的内容であっても、その深層にある心に響くのだ。

しかし、現代の表現はSNS等によって、言葉の持つ深層の意味や二重性等が解体されつつあり、そこにあるのは、スピード感をベースとした分かりやすさが重要であって、消費されるべく猛スピードで単純化された言語が飛び交っている。

その中において、歌の歌詞も蒸溜され、洗練されるものではなく、小学生の作文レベルで、シチュエーションだけが存在し、表現というものは邪魔になっていく。

つまりは、これら歌詞は「詩」ではなく「ツイート」(つぶやき)なのだ。そこには何の装飾もいらない。なんのレトリックも必要としない。寂しいから「寂しい」と云う。好きだから「好き」という平面的世界があり、その投げかけに、リアルタイムに反応してリツイートするという行為は、MP3をiTuneストアから購入するという行為に相当するのだろう。

もちろんすべてのJPOPがそうだとは思わない、しかし、多分、JPOPを聞く年齢層も低年齢化して、その市場に敏感に反応した音楽業界が、これらの稚拙(すみません)な音楽にも陽の目を与えたと言えるかもかもしれない、

カテゴリー: MUSIC タグ:

アート展「CHAOS & ORDER」開催のお知らせ

全ては混沌から始まる

カオス&オーダー展示会
県内外からカオス(混沌)をテーマに集まるアート

アート作品は、秩序と無秩序によって構成されています。今回はその無秩序にスポットを当て、各クリエータが様々な作品を展示します。


参加者(50音順):浅川浩二、イケダ 一路志(長崎)、ウエハラナオミ、Satoshi Kusuda、ナカムラ 佳子、宮尾有、ぱぴぷぺぷー太、平野隆司(福岡)、ユミ・ツエワン、ZUBE。



日時:2013年4月23日(火)より4月28日(日)まで

開場時間 10:00-19:00

最終日 10:00-17:00

主催:Art-transit(主催者:浅川浩二)



会場:熊本県熊本市中央区花畑町 10−25 「崇城ギャラリー」

http://www.sojo-u.ac.jp/campus/facilities/gallery/index.html



料金:無料



私は、平日すべての時間、会場にいる事が難しいのですがユミツエワンは全日居ます。27日、28日は私も会場に詰めています。

カテゴリー: アート, 日常 タグ:

フラクタル曼荼羅CG作品

 

たまには自分で作ったCGでもアップしてみよう。

 

 

カテゴリー: アート タグ:

くじら MIX Qujila アルバム

またもや「くじら」のCDです。1988年に発売されているんですが。未だに飽きることなく聞いています。iTuneに取り込んだけどアートワークが見つからなかったので、ここにアルバムライナーの画像アップしておきます。

01. オレンジ
02. MONKEY
03. カラス
04. キリン
05. あたらしいひと
06. 少年
07. CRY BABY
08. SANSO
09. 針
10. OPERA
11. キノコ
12. ワゴン

 

 

 

カテゴリー: MUSIC タグ:

クラゲとお好み焼き

家内がまた大阪に行ってきた。どうも大阪の地が合うようで、行くたびにいろんな人と出会って、占いやアートセラピーで引っ張りだこだ。

今回は、前回仏画の個展で知り合った、某有名ミュージシャンの自宅に招待された。彼は、業界では有名なクラゲマニア。家内も深海魚とか妖怪とか好きで、そのマニアック具合で気に入られたようだ。

自宅に行くとクラゲを中心に様々なマニアックなもので埋め尽くされしかも、それが整然と並んでいる。各々ライティングなど施され、見るものを圧倒 するらしい・・・私は見てないからなぁ・・。しかしマニアな人というのは、自分の持っている価値観に対して愛情を持っているので、なんとなく気持ちはわか る。

その日は、見学スケジュールみたいなものも用意されていて、途中彼のお勧めのお好み焼き屋でお好み焼きまでご馳走になったらしい。その後は、さらに夜の部が始まり昼間とは違うライティングでクラゲ部屋を楽しむという念の入れようだ。

多分、興味の無い多くの人たちにとっては、「何を馬鹿な事を・・・」などと思われるに違いない。しかし、一見するとこのような無駄なものに愛情を持ってしまうというのは実に人間的な行為でもある。動物はしない・・・・。

本人とは電話で少しだけ話したのだが、家内が「あなたのCD旦那も持ってますよ・・・ええとCDじゃなくてTRAというカセットみたいだけど・・・」と、言ったとたん。彼の態度が変わったらしい。「次回は是非旦那さんも招待します。」との事。 面白そう!!

実はTRAというのは30年ほど前に発行されていたカセット付の雑誌で、そこに彼らインディーズ時代の曲が収録されていた。

http://..park10…wakwak…com/~te..chno/tr..a.html

実にレアな代物であり、相当マニアックなものだ。実際その中で、彼らの演奏を初めて耳にした。

そういえば、家内と結婚することを決めた時、家内の高校生の姪っ子にイベントで初めて会った。その時の第一声が

「浅川さんってマニア?」

だったことを今思い出した。あははははは。

カテゴリー: MUSIC, 日常 タグ: