アーカイブ

‘アート’ カテゴリーのアーカイブ

Pixabayにてホームページ賞を受賞しました。

http://pixabay.com/
有り難いことに、またもやPixabayにて今度は阿蘇の雲海の写真がホームページ賞を頂きました。現在ページ巻頭を飾っています。(いかん・・あの画像処理、結構実験的なものでいい加減にやっちまった。カラーノイズ処理とかちゃんとやってない・・・)

実際の写真は下記

かぶと岩展望所からの雲海

カテゴリー: 写真 タグ:

映画のおはなし

 

映画というメディアは、総合芸術であり、アートを志す人であれば興味があって当然であると思われます。その中で語られる物語は映像と音声によって組み立てられた仮想現実ですが、同じ出来事でも監督の采配によって大きく内容が変化します。

アートの基本が物事を多面的に捉える事であると仮定すれば、当然のことですね。

その多面的に物事を表現する事によって、物事の本質に近づけたり、人間の持つ内面的普遍性に近づけたりします。しかしながら、見る側の理解力や感性によっては、それらは理解できず、的はずれであると思われる場合もあります。

でも、それでいいのです。

だって、多面的に表現するのですから、その面に対して意識のない人には響かない。人と違う視点でもって表現された物語は、その視点を理解できないと楽しめない場合があるということです。

例えば私が好きな映画で「アメリカン・ビューティー」という作品があります。この作品は概ね評論家でも、シニカルな家族のドラマという側面でしか評論されていません。

しかし、あの映画の中で表現されている世界は、実はそこではありません。

その内容を書いてしまうと謎解きが面白くなくなるので、ここでは控えますが、あの映画を家族のドラマという視点だけで捉えると理解できないシーンが沢山出てきます。

私はあの映画を見た後、「日本人に撮って欲しかった」と感じました。その、世界観には、仏教的価値観が感じられます。後にわかったのですが、監督はインド系のサム・メンデスでした。

それで、私が感じた事が間違いではないことを確信しました。

その、隠されたメッセージはある意味では難しい哲学的内容です。それを、エンタテーメントとして作っていることが素晴らしい。見る人は、気づかないうちにそのテーマを記憶していくのです。

こういった事が起きるのが映画の面白いところですね。

カテゴリー: アート タグ:

コンパクトカメラ

FUJIFILMの高級コンパクトカメラX30が発表されました。

http://fujifilm-x.com/x30/ja/

デジカメの操作性の進化は、アナログカメラをリファインする方向に向かっています。つまりは、アナログカメラの完成度のほうが高かったということです。ボタンよりダイヤル、レバーよりリングの方が使いやすい。

そんなことはハナから分かっていたはずなのに、これまでのデジカメ・メーカーはオートにこだわり、操作性を犠牲にしてきました。EVFにしてもやっと使用に耐えるレベルになったし、このカメラ普段使いならほんとおすすめの機種です。

これにより、なかなか金額が落ちなかったX20も型落ちとなり徐々に低下するかもしれません。3万円台に落ちたら買い得ですね。

http://kakaku.com/item/K0000453302/pricehistory/

カテゴリー: 写真 タグ:

ドイツのPixabayにメールにて以下のような内容が届きました。

ドイツのPixabayにメールにて以下のような内容が届きました。

Dear DeltaWorks

I like your fotograph very much. I would like to show it at the German exhibition Photokina in Cologne in September 2014 in a maxi frame LED 34 with the dimensions of 1240 x 720 mm.
At the Photokina I present a special new set up frame – called “dioVision” which will be used in combination with flat TVs and other different screens like iPad for example. This is a decorating set up frame which gives pictures an visual enhancement as well as an very special deep space effect. It gives pictures more reality – like a window into reality.

私の写真をdioVisionという、製品のデモンストレーションに使いたいとのこと。 http://diovision.de/ の特殊なディスプレーのようです。

こういったことがあるのがインターネットの面白さですね。遠いドイツのフォトキナ(これは私も知ってる写真関係の大きな展示会です)で阿蘇の写真などが流れます。

カテゴリー: アート, 写真 タグ:

熊本県にゴジラあらわる!!

http://kumamoto.photo/archives/picture.php?/1415/recent_pics

いやあ、まさかこんな所にゴジラが居るとは思っていませんでした。地元の人から教えてもらって何とか写真に収めることが出来ました。今回は特別に著作権フリーで配布させていただきます。

カテゴリー: 写真 タグ:

熊本素材写真アーカイブスのロゴ制作を募集します。

熊本の写真をアーカイブして、無料で配布してしまうサイト、熊本素材写真アーカイブス。これって、基本的にはSEO対策の名前です。しかし長い!だから愛称を実行委員会で考えました。その名前は「キロクマ」。熊本の情景を記録していくと意味ですね。できるだけ早くロゴ作ります。ってか、誰か作ってくれると嬉しいね。

ということで自腹切ってロゴ募集してみよう。こういうのもイベントにしちゃうと面白いよね。

応募要項

内容:熊本素材写真アーカイブスのロゴ制作
フォーマット:Illustrator EPS形式 カラー及び白黒の転回形なども含む。写真の使用は不可。
内容詳細:
1.「キロクマ」がメインロゴで、「熊本素材写真アーカイブス」のサブディスクリプションがあるもの。
2.上記にURLアドレス入り。
イメージ的にはポップでちょっとレトロフーチャー的感じがいいかも。
URL:http://kumamoto.photo/
応募方法:メール等による応募 お問合せフォーム
審査方法:私の独断と実行委員会での精査
応募期間:7/12より8/10
採用者賞金:審査の結果1名様に 10.000円。
結果発表:このウェブ等

カテゴリー: アート, 写真 タグ:

ドイツのフリー画像配布サイトPixabayにてホームページ賞を受賞しました。

世界的な素材配布サイトPixabayにて投稿した写真がホームページ賞を受賞して、現在ページ巻頭を飾っています。

http://pixabay.com/

明石市で撮影した川崎重工に沈む夕日の写真です。

カテゴリー: アート, 写真 タグ:

熊本の写真を著作権フリーで配布するサイト熊本素材写真アーカイブスをリニューアル

沢山の方にご利用いただいている熊本素材写真アーカイブスWEB版、この度サーバ移築とドメインの変更を行いました。

まだ、旧サイトも残っていますが、今月いっぱいでそちらは閉じる予定です。

今回は通常の写真以外にもイラスト加工した写真やiPhone用の壁紙なども無料でダウンロードが可能です。是非皆さんも訪れ見てください。

阿蘇の押戸の石近辺イラスト加工

 

カテゴリー: 写真 タグ:

画像配布サイトに利用しているPwingoのサーバ移築

現在、無料画像配布サイトにPwingoというオープンソースのCMSを利用していますが、サーバを移動することに成って準備中です。(ドメインも変わります)データの移築を行って動かしてみると、管理画面の一部がおかしい。エラーが出ます。そこで調べてみたけど、さすが日本語の情報は皆無。色々検索語句を変更して探しだしたのが下記のページ。

http://piwigo.org/forum/viewtopic.php?id=17100

何のことはない、管理画面関係のキャッシュファイルがあって、そいつが邪魔していた。そこで、キャッシュファイルを削除したら見事作動。

フォルダの場所は

_data/templates_c

この中の index.html 以外のファイルを全て削除すれば大丈夫でした。なかなか良く出来てるじゃん。

 

カテゴリー: CMS, 写真, 画像ギャラリーCMS piwigo タグ:

完全無料画像ライブラリに熊本城と桜追加しました。

20140328-DSC_6975

熊本素材写真アーカイブスWEB版に熊本城と桜の写真を追加しました。このサイトは、商用フリーの素材写真を提供する画像アルバムです。どんどんご利用ください。

カテゴリー: アート, 写真 タグ: