ホーム > スピリチュアル, 日常 > 昨日はMIXIで見つけた流術という治療を受けてきました。

昨日はMIXIで見つけた流術という治療を受けてきました。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝起きて顔洗って普段はスペインに住んでいるという整体師きんさんのご自宅に向かった。整体師きんさんは、たまたま帰省中で、その間実家で施術してくれるということ。整体や気功のようなものをベースにしたオリジナルの治療法を編み出したという。

ナビを頼りに自宅の前に車を停めると白い飼い犬君に吼えられた。ワンギャン吼えるその声で整体師きんが気づいて玄関から出迎えにいらっしゃった。まだ、若くて好青年風。

挨拶して、玄関より上がらせていただいた。

まずは自己紹介して、話し始めたら止まらない。いろんな心と体のこと、をお話していたら1時間ほど経ってしまった。

あまりお邪魔しても申し訳ないので、施術に入ってもらう。

まずはいすに座り、足先から始まる。軽く指を当て、ポイントをサーチしていく。

「違和感や痛みがあったら言ってくださいね」
「ハイわかりました。」

足の親指あたりに痛みがあったのでそのことを告げるとなにやら、体のあちこちを触れたり手をかざすように動かしている。

「どうです?まだ痛みありますか?」
「あ、そうですね。まだ少しありますが、さっきよりは緩みました。」
「わかりました。ではもうすこし。」

さらにあちこちを触っている。いわゆる中国整体みたいに強くもんだりはしない。

「どうです?」
「ああ、違和感は消えましたね」

施術は足からだんだん上部のほうに向かってきた。

「じゃあ、立ってください。」
「はい。」

立ち上がった私の横腹・胸・肩・首筋と彼の指が滑っていく。力はほとんど入れていない。体の各所で痛みを感じるところがあると、その周辺を重点的 に施術していく。その間、私の両手をあちこちの部位に触らせる。イヤミのシェーをみたいなカッコウとか、日本代表がフリーキックの時に股間をプロテクトす るような格好とか・・・そんな色んな格好で施術は続く。

そのうち足がしびれてきた。立った状態で足がしびれるというのも変な感じだ。

「どうしました?」
「いやああ、足がしびれてます。」
「ああ、降りてきてるんですね。」
「あ、降りてるんですか?」
「それじゃあ、ちょっとジャンプしてください」
「あ、ジャンプですね」

私は、畳の上でなるべく高くジャンプした。

「あ、そんなに飛ばなくてもいいです。軽くでいいですよ。」
「はあ、そうでしたか・・」

何度かジャンプした。その間彼は私の親指に触れていた。痺れが消えた。そうして一応の施術が終了。体の各所の違和感がなくなり身体感覚が戻ったような感じだ。

パソコンの仕事をしていると、だんだん身体感覚が消えていく。自分の尻とか腿とか、つま先とかそんな部分に関する意識が消えていくのだ。あるのは脳みそとキーボードを叩く指だけ。それが、元のあるべき感覚にもどった感じだ。

なかなか面白い。

彼の話では、詰まっているエネルギーのチャクラを開いて、流してやるということ。だから「流術」なんだなと一人で納得。特に、痛みには効果が高い との事だ。体験したように一瞬にして痛みがなくなる。彼の話では、身体的な問題だけでなくもしかすると鬱などの症状にも効くのではないかといっていた。

面白い。

ということで、いろいろお話して帰ってきました。ありがとう整体師きんさん。

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=604244

カテゴリー: スピリチュアル, 日常 タグ:
  1. 2008 年 9 月 16 日 23:05 | #1

    こないだは、どうもありがとね~~。助かったわ。
    今日は、バイク事故シリーズと出会い系シリーズ、完読しましたっ。
    身体が元に戻るのに、10年もかかったとは大変だったろうに、この軽い筆致は流石ですわ。流術との出会いもそういう痛みを長い時間経験してきたからこそ、なんだろうね。
    私はといえば胃潰瘍の薬飲みながら仕事してたけど、3年前に仕事を変えてからは、一年に一回程度に減りました。

    追伸
    娘、あれから部活やめて美術部に行き出したよ。

  2. 浅川浩二
    2008 年 9 月 17 日 03:18 | #2

    いやあ、まあ、今でも完全に体力が戻っているわけではないですが、逆に、色んなことが学べてよかったですね。

    結局、ケミカルな薬は対処療法なので、病気が治ることはほとんど期待できませんな。直してるのは自分自身の体です。

    細菌とかの場合は対処療法が有効だけどね。

    おお、娘さんも方向性が変化したんだね。絵の才能はあると思うし、なんにしてもアートに関わるのはいいことだ。人生を豊かにしてくれると思いますよ。

  3. 2008 年 9 月 18 日 20:48 | #3

    そういえば、こないだいい忘れてたけど、イトオテルミーてお灸を持ってたこと思い出したんだよね。
    しろうと療法でもけっこう気持ちよくなる熱くないお灸なんだよね。
    ずいぶんこどもが小さい時、やってあげたんだけど、体力が落ちている時など、けっこう気持ちよくて、娘にやってあげてたら上の息子が擦り寄ってくるくらい気持ちいいわけ。
    これ、今度きた時に、教えたげるわ。

  4. 浅川浩二
    2008 年 9 月 19 日 07:14 | #4

    おお、懐かしいな。イトウテルミーは、元の妻がやっていたので私も受けていました。ちなみに今彼女はレイキというのをやっていますね。

    http://www.japan-reiki.com/

    先日は仙台まで伝授にいって、指導者の資格を取って、今はお店で教えています。彼女は熊本市内でタイ古式マッサージのお店やってます。

    http://shopsayura.exblog.jp/

    というわけで、私自身はデジタルな人間ですが周りに超アナログ人間が多くて面白いです。

  1. トラックバックはまだありません。