ホーム > シリーズ物, バイク事故シリーズ > 大学生の時にバイクで事故った12

大学生の時にバイクで事故った12

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、バイク事故によって半年以上の入院を余儀なくされた私は、一時退院して、そのとき付き合っていた彼女の家に転がり込んでいた。

そんなある日、コタツの中で寝返りを打った際、右足に違和感を覚えた。

「あれ?なんかグキッって音がしたんだけど・・俺の脚」

それに骨折したところが痛い。しかし、先生はもう大丈夫だからリハビリしろって言ったよなぁ・・・気のせいか?

病院まで結構距離があって、なかなか行けなくなった私は、松葉杖をつきながら自分でリハビリを始めていた。例えば松葉杖を使わず近くのコンビにまで歩いていくのだが・・・骨折したところが痛い。どちらかというと激痛だ。

しかし、この痛みに耐えれば直るのだと思い、激痛の中リハビリを続けた。その期間約1ヶ月。それはもう、昔のど根性ドラマ並みである。

そうして、実家に戻って地元の病院に見せにいった。
”これで、相当回復しているはずだ。だって、あの激痛に耐えながらも自分でリハビリしたんだもの”
そんな気分で診察の結果を聞きに行ったら、レントゲンを見ながら先生がこういった。

「あーーーこれまだ折れてるね。ほら、スパッと折れてるでしょ?軟骨だけで繋がってるよ」

「ガーン!」

見事・・・そう、見せられたレントゲン写真は見事に斜めに亀裂の入った私の右足・・完璧に折れている。そのまま私は、またもや石膏で固められ、ギブスをはめられた・・・・・。

つづく

注:足のレントゲンは合成して作りました。当時の写真なんかもってないもんね

折れた骨

カテゴリー: シリーズ物, バイク事故シリーズ タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。