ホーム > シリーズ物, 気功師物語 > 気功師さんとの再会03

気功師さんとの再会03

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

tikyuu

タバコの火を灰皿に押し付けながら気功師さんは続けた。

 「ここのところ、地球は節目を迎えていまして、私もそれに伴い、いろんな方々からのアプローチを受けてるんです。例えば地球人だけでなく、宇宙人と交信しているグループからのアプローチもありまして、来週その代表者の方が熊本に会いに来てくれることになっています。」
 「はあ」
 「にわかには信じがたいことですが、現在その節目を健やかに迎えるために神に通じる宇宙人系のUFOが地球の周りに守るように配置されています。その船団自体は4次元的な存在ですが、それを司る5次元的存在の母船も来ており、その母船からの指示で動かれているようです。」
 「5次元?」
 「はい。神自体の存在は我々の次元とは違う上位の次元にありますので、5次元と呼ばれている世界に、その存在があるのです。」
 「となると、我々は基本的には認識できない世界ですね。」
 「そうですね。しかし、我々の霊的なレベルによって、その世界に行くことが出来ます。事実そのグループの方の何人かは行くことが出来るようです。今度詳しくその話を伺う予定になっています。」

カテゴリー: シリーズ物, 気功師物語 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。