ホーム > シリーズ物, フリーランスの作り方 > フリーランスの作り方012

フリーランスの作り方012

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

そういえば、書き忘れていたが、先の日記に書いた以外に当時の妻の実家も、偶然ホテルの写真館だった為に、土日はニュースカイホテルで結婚写真の撮影などもやっていたし、趣味で集めた音響機材を使って頼まれてイベントのPAもやっていた。

そこにウェブ系の製作業務が仕事に加わり、とても忙しいことになってしまった。しかし、本業の写真業は斜陽産業。年々売り上げが厳しくなってくる。

そうなると、やはり副業を正業にするべき条件がそろいはじめた。先のコンビニのHPを作ってから一年後、誘われ続けていたその時の友人が興した会社に入ることを決意した。

家業からの撤退である。(ちなみに実家はまだ父が写真屋を続けています)そうして菊池にあったその会社は、私が入ったときには4人だったが、今では十数人の製作会社に成長している。(私は2年で辞めたけどね)

会社での事は実はあまりにも沢山の事が起きたため、逆に良く覚えていない。とにかく、何でもやった。HP製作、プロモーションビデオ製作、デー ターベース開発(これも実は趣味で実家の写真屋の為にファイルメーカーを使った請求納品関連のシステムを組んでいたため、ファイルメーカーなら結構作れま す)、システム開発、メンテナンス、タッチパネルシステム構築、ネットワーク構築、音楽製作、声優等々・・・。

辞める最後のほうでは、仕事があまりに増えたために家に帰る事が出来ず、事務所の風呂場で寝ていた。

タイル張りの風呂場に、キャンプ用の薄いマットを敷いて寝るのだが、冬場は厳しい。薄いタイルというのは木に比べても熱伝導率が結構高い。熱伝導率が高いということは、逆に体温も奪う。

うつ伏せや仰向きで寝てはいけない。接地面積が広いから体温を奪われ凍死してしまう。横向きで寝るのが正しい寝方だ。

そうして、この会社を卒業し、現在のフリーで仕事を始めた。それがDELTA WORKSというシェアリング集団だ。

つづく

  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。