ホーム > シリーズ物, 気功師物語 > 気功師さん外伝02

気功師さん外伝02

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

事務所の板張りに胡坐をかいて座り、教授が始まった。

「さて、光を降ろす方法をお教えしますので、僕のように手を合わせてください。ゆっくり息を整えて、神に祈ってください。『自分の中の不浄のもの を神の力によって浄化してください』と言ってください。そのあとは、『光に闇は勝てない』という台詞を繰り返し、精神を集中してください。」

「解りました。」

「それでは始めましょう。」

(うーん。おれ、こーゆーの苦手なんだよな。集中力ないし・・・。お、祈ってる祈ってる。おれもやんなきゃいけないのかな?ま、何でも体験だ。 やってみよー。光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!あああ、4回くらい言うのが限界だな・・・。同じ言葉じゃ飽き ちゃう。光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!5回言ってみたらどうなかな?ま、あんまりかわんねーな。)

「そう、いい感じです。」

(あちゃー、まだ終んないよな・・・闇は光に勝てない!・・・・があああ、間違った!!逆に念じちゃったよ。やっぱ、雑念があるとまずいよな。)

「ああ、まだ肩の辺りに居ますね」

(あー、肩凝ってるしね。最近、色々あるからなー。光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!でも、光ってなんだ?闇ってなんだ?それぞれが存在するからバランスとれるんじゃねえのかな?)

「私も手伝いましょう」

そういうと立ち上がってまた浄化し始めた。

(あ、やべぇ、心の中で唱えなきゃ。光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!光はやみくもでは勝てない・・・そよーね。やみくも に正義をかざしても誰もついてこないよね。!光はやみくもでは勝てない!光はやみくもでは勝てない!光はやみくもでは勝てない!光はやみくもでは勝てな い!)

「おなかのところの邪気は消えましたよ。その調子です。」

(光はやみくもには勝てない!光はやみくもには勝てない!光はやみくもには勝てない!光はやみくもには勝てない!。ふう、やっぱ飽きるな。光は病み上がりには勝てない・・・・あまり面白くないな。大田ひかりはヤムヤムヤム・・・・うーん、駄洒落にもならん。)

「まだもう少し、残っていますが、随分きれいになりましたよ」
「そうですか?いやあ、初めてのことで難しいです。」
「大丈夫ですよ。素質はありますので、是非、続けてください。」

(だから、おれだめなんだよ。こーゆーの、なんかさ、空気読んでほしいよな・・・。光に闇は勝てない!光に闇は勝てない!・・あ、だめだ。尻が痒い。」

こうして、祈りは続くのであった。

カテゴリー: シリーズ物, 気功師物語 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。