ホーム > iPhone > iPhone5C への機種変更及び iOS8へのアップデート注意点。

iPhone5C への機種変更及び iOS8へのアップデート注意点。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐiPhone6も皆さんの手元に届く頃ですが、こちらはiPhone5が完全に故障してしまったので、急遽iPhone5Sへ機種変更をしました。その際のトラブルと注意点を書きます。

特に今のiOS8はアップデート時にリカバリーモード(メンテナンスモード)になって、復旧出来ななどの症状が発生しています。今回の私のケースも同じく、リカバリーモードになって、iTunesでは修復出来ず、ショップでクリーンインストールをしてもらいました。

1、OSをアップデートする際には、必ずiTunesのバックアップ機能を使用してバックアップを取ること。

2、アップデートに失敗してリカバリーモードになった場合、スリープボタンとホームボタンを同時に押して強制再起動を何度か繰り返すと復旧することがある。

3、復旧できなかった場合は、ショップに持ち込んだ方が早いだろう。

4、OSが正常にインストールされ、そこから復旧が始まった場合、Wi-Fi環境に接続すると、Wi-Fi環境での復旧の許可が表示されるが、復旧を途中で止めると、アプリの1部が正常に復旧されないことがある。

この場合は、アプリの色が暗くなり、起動も削除もできなくなる。

iTunes側で一旦削除して同期をかけ、もう一度インストールするとアプリが復活する。

5、Wi-Fi環境での同期よりも、iTunesのバックアップから復旧した方が、すべてのデータが元に戻る。

6.何らかの原因でアプリの色が黒くなり起動できなかった場合でも、iTuneのApp同期(ステップ6/6)状態で再同期が行われる模様。これがいつまで経っても終わらない場合はアプリの同期に時間がかかっているものと思われる。

7.機種が変わると各アプリの認証も初期化されるために再認証が必要となる。Facebook,Googleなど2重認証制を設定している状態で、しかもアプリの復旧が完全でない場合は初期段階では認証が困難なため、アプリの復旧を優先させるか、一旦PCでアクセスして2重認証を解除したほうが、早いものと思われる(今回はあえて解除せず復旧)

カテゴリー: iPhone タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。