ホーム > それはそのとき > コミュニケーションの難しさ

コミュニケーションの難しさ

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、「人それぞれの現実はパラレルに存在する」というようなことを書いているが、それを裏付ける様な事実として、コミュニケーションに関する問題が挙げられるだろう。

自分の価値観や視点は、思っている以上に他人とは違う。したがって人と話をするときは、相手の価値観や方向性を想像しながら組み立てる必要がある。

分かっていてもこれがなかなか難しい。

どうしても言葉は自分の価値観に沿って派生するので、その言葉は、自分の想像力の限界を超えることが出来ない。

よって、他人の価値観をいくら想像しながら言葉を選んでも、正確に伝わるはずも無い。

基本的に我々はディスコミュニケーションによってコミュニケーションを行っている。コミュニケートするということは実は、幻想なのだ。

その事実を知っている相手となら、楽に事は進むが、意識していない相手の場合、様々な誤解が問題へと発展する。

それでも、我々は「言葉」というツールを使わざろう得ないため、せっせと言葉を紡ぎ出すのだ。

「あなたの言い方がわるい」

という様な台詞は実は相対的なもので、その相対性を意識していれば、案外許せるものだ。

カテゴリー: それはそのとき タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。