ホーム > 日常 > 音楽の授業するよー

音楽の授業するよー

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

来期、平成音大での授業がもうひと枠増えます。現在のコンピューター演習及び映像の授業に、サウンド&ビジュアルⅡというような内容が追加され、割と自由に中味を構築させていただけそうです。

そこで、DTM(ディスクトップミュージック・・パソコンなどで音楽を作ること)には欠かせないサウンドエンジニアリング的な講義を追加したいと思っています。つまりレコーディングやPAの技術です。

これは前からやりたかったもの。

DAW(Digital Audio Workstation)と呼ばれる音楽制作システムにおいて、単に作曲したものをレコーディングしただけではけして良い音にならないわけで、そこにはエフェクタの使い方やイコライジングと呼ばれる加工があってはじめて全体の音作りが完成します。

またそれと共に、ライブなどで安定した音を出すためには、使用機材の選定からミキサーの使い方、マイクセッティングのコツなど実践を通した知識も必用です。

ということでシラバス考えなきゃ・・・。

それにしても自分の専門分野が何であるのか?どんどんわからなくなってきた。

カテゴリー: 日常 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。