ホーム > 日常 > コンパクトデジカメの撮影目的を実験中

コンパクトデジカメの撮影目的を実験中

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、コンパクトデジカメとミラーレス一眼などの使い分けについての実験中だが概ね適性がわかってきた。

1.Nikon P310

小型で持ち歩くのには最適で、暗所に関しては抜群の性能を持っている。描画性能は他の所有のものに比べれば多少落ちるし、レンズの歪も結構きつい。しかし、日常的に使うのであれば全く問題ないし、解像感も高い。特にF1.8レンズのお陰で室内のスナップに使うのなら最強。普段使いにはお勧め。

一時期より在庫の関係で値上がり気味。現在後継機のP330販売中。

今後の用途:飲み会や、イベントの記録用カメラ。

http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/performance/p310/

2.Nikon P7000

高級コンデジとしては、万能カメラとして構築されていることもあり屋外ので使用では問題なしに使える。ただし、暗所の撮影は機種的に古いこともあり、感度や、発色に難が出てくる場合がある。Pモードを常用しての撮影がベスト。

今後の用途:他のカメラの予備的な使い方になるだろう。

http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/performance/p7000/

3.OLYMPUS PEN Lite,E-PL3

ミラーレス一眼としては買いやすい価格帯であり、新品でも頑張って探せば2万円台で購入可能。マイクロフォーサーズ規格のカメラなので、色んなレンズが使える。特にツアイス(contax)のレンズを使えるので購入したが、写真はレンズによるところの影響が大きいことを再確認。

画質もオリンパス的青系の発色が素晴らしい。操作系にちょっとわかりにくいところがある。

今後の用途:写真を撮るという目的がある場合に使用。スナップ向けではないかも。

http://olympus-imaging.jp/product/dslr/epl3/

4.PANASONIC GX1

実はそれほど期待していなかったが嬉しい誤算。とてもバランスがとれている。暗所にも強く、明るいレンズとの組み合わせであればP310に近い成績で仕上がる。またインテリジェントAモードでの撮影は、むらなく全方位に高画質撮影が可能。

操作も、必要だと思う機能がわかりやすく配置されていて、直感的操作が可能だ。

今後の用途:メインのお出かけカメラとして決定!

http://panasonic.jp/dc/gx1/

カテゴリー: 日常 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。