ホーム > メンテナンス > Macintoshにウィルス対策は必要か?Windowsのウィルスを保存する可能性。

Macintoshにウィルス対策は必要か?Windowsのウィルスを保存する可能性。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

Mac使いの皆さんへ

Macってウィルスに強いのは確かですが、Macでは発病しないWindows用のウィルスを貯めこんでしまう可能性があります。つまり、メールで送られたファイルに感染があっても大抵はMacintosh用のウィルスではなくWindows用であるために、発病はしません。USBメモリーやネットワーク共有、またはクラウドでの共有でも同じですね。

しかし、そのファイルをWindowsの利用者に送ったり、共有すると、その相手が感染します。

一番怖いのはクラウド上でフォルダ共有をした場合かもしれません。相手は全く意識することなく、ファイルが送られてしまいます。以下は、それらの分析レポートです。

http://japan.internet.com/webtech/20120425/5.html
 

対応策としてはマック用の対策ソフトでWindowsのウィルスに対抗していものをいれることでしょうが、探したけどその点を明記してあるマック用ウィルス対策ソフトは、なかなかはっきり分からないです。

http://www.icoro.com/200907033702.html

この記事からみると、

http://www.act2.com/software/intego/virusbarrier-x6

上記はいけそうですね。導入の際は上記の内容を良く調べてみて決めてくださいね。

カテゴリー: メンテナンス タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。