ホーム > CMS, 日常 > 今日はCMSについての講義を行いました。その内容の一部を書きます。

今日はCMSについての講義を行いました。その内容の一部を書きます。

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ホームページ制作というのは基本的に儲けることの難しい仕事だと思っています。物品販売であれば、一度軌道に乗れば、その販売数によって単価も下がり、販売計画のもとに、人材を増やすこともできます。
 
しかし、制作業務というのは人の力をかけないと売上も上がりません。売上を上げるためには人材が必要であり、利益率は売上自体が上がっても変わらないという状況になりがちです。
 
このスパイラルがウェブ制作会社の成長を阻害します。
 
そうなると如何にスピード感を持ってウェブを作るのか?また、他者にできない機能を搭載して差別化を図れるか?このへんが必要となります。
 
その時に有効なのがCMSです。CMSとはブログの進化系みたいなものと思ってください。ブログは記事が時系列順に並んでいるの対して、CMSは構成の自由度が高く、企業用のホームページに使われます。
 
また、今私達が使っているCMSははオープンソース(フリーソフト)のCMSであり、自分たちでシステム開発しなくても多くの機能拡張が可能です。この点、システム開発したウェブサイトは、機能は希望通りでも、開発に時間と費用がかかります。
 
そこで、いわゆる半既製品のシステムを利用することで、低価格でも高機能なホームページが出来上がるのです。さらには、システムに明るくないクリエーターでも少しの勉強で自分のものに出来る可能性を持っています。
 
しかもそれは、SEOをはじめ、多くの基本機能を持っているために、クライアントの満足度も高いものを提供できます。これらの利点がCMSのを勧める理由となります。
カテゴリー: CMS, 日常 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。