ホーム > 未分類 > アップルの哲学を考える

アップルの哲学を考える

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

先ほどニュースでアップルの株価が史上最高値を記録し、世界最高の価値ある会社となりました。

アップルの製品の考え方は、中心軸に「人間」があります。この点が創立以来一貫したコンセプトだと思います。(一時期ひよった事もありましたが)

人に感動を与える商品(作品)づくりがその基本です。その為には不必要だと思われる機能をバッサリと切り捨てます。
 

スマートフォンは、iPhoneが出るまでに他のメーカーが沢山同じようなものを出していたにも関わらず、普及してませんでした

ところが、iPhone出現後、爆発的な売れ方をしたことになり、それに依って市場が確立しました。

これらの機器の違いは、開発コンセプトの違いです。

人は、通信機器に機能だけを求めているのではない。そこにはプレジャー(喜び、驚き、楽しみ)が必要なのだという哲学でしょう。

これは、他の事業でも同じでしょう。機能を削って、必要な機能をとことん追求したからiPhoneは皆に受け入れられた訳です。

新事業に関しても、何が売りなのか?なんのための物なのか?何が必要で、何が不要か?これらを社内で徹底的に議論する必要があります。

製品やサービスを考える場合、これらコンセプト・ワークに十分な時間をかけなければ、売り方も思いつかないでしょう。新事業にはこれらの時間が重要です。それができていれば面白いように物事は進んでいきます。

カテゴリー: 未分類 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。