ホーム > その他のTips, 日常 > Ustream配信におけるPC(パソコン)のスペック

Ustream配信におけるPC(パソコン)のスペック

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加

現在IWJ熊本のUstream配信を手伝っていますが、Ustreamを配信する場合のWindows Note PCのスペックに関して下記の条件が必要なことがわかりました。

現在の配信環境は以下のとおり。

  • Note PC : DELL D420 CPU intel Core Duo 1.2GHz Memory 2GB (OS: WindowsXP SP3)
  • Video Camera : SONY HDR-CX7
  • USB キャプチャー : IO DATA GV-USB2
  •  配信ソフト : Ustream Pruducer Free Edition
  • ネット環境 : WiMax 無線RUTA

USBキャプチャーインターフェースが4000円でしたが、PCとビデオカメラはYahooオークションで落としたため、合計しても3万円代。概ね5万以内で揃えています。ただ、このシステムだと、PCの性能が低く、配信のみの状況で、CPU稼働率が80%を超えます。そのために、まともに配信できるはStanderd画質まで、更にバックグラウンドソフトなどの起動においてStanderd画質でも動画のコマ落ちが発生します。

そこで Note PCをDELLのD620 CPU Core 2 Duo 1.8GHz のものに変更しました。(これもYahooオークションで1万5千円で落札)実験の結果上記同様の環境で通常放送時、高画質の配信でも、CPU稼働率は60%程度に落ちました。ただ、配信と同時に、モニリングなどの意味で、配信映像をブラウザに表示させると、稼働率が上昇。動作に問題を生じます。

このような感じですので、Ustream配信でのWindowsPC環境は、最低 Core 2 Duo 2GHz以上のCPUを必要とするということがわかりました。またFirewire(IEEE1394)での接続の場合ですとUSBソフトウェアーエンコードに比べ10%程度は稼働率が落ちる様です。

ただし、この場合は、音声をIEEEからとってしまうと外部LINE等からのエンコーディングは、別途PCのライン入力などを利用する必要も出てきます。概ねノートPCの音声入力端子はノイズが多く、折角ラインから音声が引けたとしても、そのまま付属の端子を使うと音が悪い場合も出てきます。

音声に関しては、もう少し実験も必要でしょう。
 

カテゴリー: その他のTips, 日常 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。